続巷説百物語(京極夏彦)

0

    JUGEMテーマ:ミステリ

    ※ネタバレあります。

     シリーズ二冊目。短編から中編(いや長編か)六作を収録。百介の狂言回しぶりが一冊目より明確になってきた。話のスケールでは五作目の「死神」だろうな。ページ数も多いし、それまでの作品で蒔かれた伏線を回収している点でも、この本の仕上げという気がする(最後の「老人火」はエピローグ的なもの)。

     ただ、個人的には「狐者異」。ここで明かされる「祇右衛門という仕組み」がねぇ。獄門で死んだはずなのに仕組みとして残っていくというあたりは、現実世界の諸々を想起させることもあり、唸らされた。でも、どれも面白かったよ。

     

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村


    | 1/1PAGES |