前巷説百物語(京極夏彦)

0

    JUGEMテーマ:ミステリ

    ※ネタバレあります

     シリーズ四冊目だが、時間軸では一番前に来る。六つの中編を収録。内容は又市修行編といったところか。小右衛門も祇右衛門も、そして少しだけだがおぎんも出てくる。この頃からの付き合いや因縁だったんだね。小右衛門の登場がいい。現役バリバリ感いっぱい。この巻で登場した人物の多くが最後に亡くなってしまう。特に浪人の山崎。安らぐ場所が安らぐ場所じゃなかった皮肉。しかも子供に殺されるとは…。後の話に繋がる人物の登場は嬉しいけど、この巻だけで終わってしまう人物たちの存在はどれも切ない。

     

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.20 Tuesday
      • -
      • 21:08
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする